« 【語源エッセイ 2】 like、lie、lay、logの語源 | トップページ | ラテン語はどこの国のことばだった? »

2010年3月16日 (火)

【エクスカージョン 3】 現代イギリス人のメンタリティー、あるいはEbbsfleetの謎

 ロンドン大学で学ぶために2年余りのあいだ滞在したイギリス。論文作成が目的であったため、私にとってその間の毎日は緊張の連続であった。そんななか、ほんの数日だけ机を離れて気分転換をできる日々もあった。それは専攻する英語史ゆかりの土地を巡ったときのことである。

 いまから思えば、ケント州の南東端に位置するラムスゲート(Ramsgate)という小さな港町は私と運命の絆(fatalis catena)で結ばれていたのかもしれない。はじめてイギリスを訪ねたのは17年前のDiana妃の婚礼当日。2週間のあいだラムスゲートのサネット(Thanet)地区に滞在した。しかし当時高校生だった私は、まさにこの地がイギリス発祥の地であるなどとは思いも寄らなかった。

 2度目のラムスゲート訪問が実現したのは同じくケント州のメイドストーン(Maidstone)にある小さな宿からのドライブの途上で、カンタベリー(Canterbury)から延びるB級道路をサンドウィッチ(Sandwich)の海岸へ向かい、まさに車がサネットに入ったときのこと。予期せぬ形で私の興奮は最高潮へと達した。なぜならばロード・マップが示していたのはそこがエッブスフリート(Ebbsfleet)という地点で、このあたりには史跡が存在するというからだ。

 地図には書ききれない細い農道を探し回ったあげく、ついに発見したのは畑の真ん中に建つケルト風の十字架であった。パネルの解説によれば、これはSt Augustine’s Cross(写真右、筆者撮影)と呼ばれ、Cross_2

597年の聖アウグスティヌス(St Augustine)のイギリス上陸を記念して19世紀に建てられたものだという。しかし私はどこか腑に落ちない気持ちにおそわれた。エッブスフリートというのはアングロ・サクソン年代記の449年の章にYpwines fleotと記されている地名で、この地にイギリス肇国の祖ヘンギスト(Hengist)とホルサ(Horsa)が上陸したと記録されている。17世紀のゲルマン狂徒リチャード・ヴァーステガン(R. Verstegan)の書にあるヘンギストとホルサ上陸の図(Richard Verstegan, A Restitution of Decayed Intelligence (Antwerp: Robert Burney, 1605)より)は当時の想像の産物であるとしても、エッブスフリートこそアングロ・サクソン人の国、イギリス発祥の地なのである。Hengist_horsa

 この国にキリスト教を布教した聖アウグスティヌスを記念するのはもちろん意味あることである。しかし現代のイギリス人は、それより100年以上も前に祖先がはじめてこの地に上陸したことをどうして記さないのであろうか。

 このあたりの彼らのメンタリティーは現地で古英語研究をするうちに徐々にわかってきたような気がする。普通のイギリス人にとっての国史は、かの国がキリスト教国になったときから始まるのだ。なるほど年代記はキリスト教が少なくとも王族のあいだに広まったとされる7世紀末以前のことも伝えてくれる。しかし異教の時代などはかぎりなくフィクションに近い物語なのかもしれない。異教時代に関心を抱くのは、考古学者か文献学者のほかにおらず、その文献学者もキリスト教文学としての古英語文学を研究する大多数の学者を除いたほんのわずかな研究者のみである。アングロ・サクソン時代の王で一般の記憶に残っているのは民家でパンを真っ黒焦げにさせたアルフレッド大王(Alfred the Great)のみであろう。

 続いて立ち寄ったバトル(Battle)の町は1066年にアングロ・サクソン王朝最後の王ハロルド(Harold)がウィリアム征服王(William the Conqueror)率いるノルマン軍の矢に目を射られた末、剣で斬殺された町。一般にはヘイスティングス(Hastings)の戦いと呼ばれているが、実際に戦が繰り広げられたのはヘイスティングスよりも10キロほど内陸に入ったバトルの町。のちにウィリアム征服王が建立した僧院の廃墟の向こうには強者どもが散っていった野原が広がる。Battle (写真、Battle Abbeyの裏手アングロ・サクソン軍とノルマン軍の合戦の場(筆者撮影))

ここではかの有名なバイユー・タペストリーに描かれたハロルドの最期の場面がTシャツなどに姿を変えてたくさん売られている。フランスからの征服者に国王が殺され、アングロ・サクソンの王朝が途絶えたというのに、いまのイギリス人はどこか能天気な気がしてならない。(写真、Battle Abbeyにあるハロルド王最期の地を示す碑(筆者撮影)Harold

 アングロ・サクソンの血統には隔絶感を抱き、ゲルマンの異教には無関心なイギリス人。これが「英語の本場」イギリスで古英語の研究に携わった私の印象である。

(本文はサウンディングズ英語英文学会編、『サウンディングズ・ニューズレター』No. 40, Nov. 30, 1999に掲載されたものにタイトルを改変し、若干の修正を施したたものである。)

« 【語源エッセイ 2】 like、lie、lay、logの語源 | トップページ | ラテン語はどこの国のことばだった? »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1324142/33792160

この記事へのトラックバック一覧です: 【エクスカージョン 3】 現代イギリス人のメンタリティー、あるいはEbbsfleetの謎:

« 【語源エッセイ 2】 like、lie、lay、logの語源 | トップページ | ラテン語はどこの国のことばだった? »